不安を解消する盗聴発見器

  • 盗聴発見器は身近なものでも代用できる

    • 盗聴発見器は専用の機器を使うのが一般的ですが、自宅であるようなものでも一部は代用出来ます。

      MBSニュース情報を厳選して紹介します。

      盗聴発見器として必要なものはFMラジオや盗聴器発見器やラジカセのような音のなるものが必要になってきます。

      盗聴器は音が室内になっているときに音を拾うので、出来るだけ大きめの音を鳴らしておく事が大事です。


      FMラジオの周波数帯を使っている盗聴器であれば使って発見する事も出来ます。

      周波数選曲ダイヤルを低い方から徐々に高くしていって途中で室内の音を拾うようなポイントがあれば盗聴器がある事がわかります。
      UHFやVHF帯の場合は専用の盗聴発見器が必要で周波数を徐々に変えていって同じ音が発見器から聞こえてくるかどうかチェックしていきます。



      場所を特定するにはFMラジオや盗聴器を持ってだんだん音が大きくなっていって最後にハウリングを起こす場所が仕掛けられている場所になります。

      近くにあるものを固いもので叩いて大きな音がしたものをどんどんのぞいていって場所を絞っていく方法もあります。
      テープレコーダーを胸にかついで部屋の真ん中に立ってゆっくりと1回転すると大きな音がする方向があります。

      大きな音がする方が盗聴器の仕掛けられている方向になります。スマートフォンのアプリに盗聴器を発見するものがありますが、スマートフォンにはアナログ波受信する事が出来ませんので実際に使う事は出来ません。



      これで発見出来ると考えると失敗するので注意が必要です。