不安を解消する盗聴発見器

  • 画像安定装置は便利だけど地使い方には注意が肝心

    • 画像安定装置は映像を再生する時に、ノイズが出るなどして画像が劣化してしまっている場合に、それを補正することができる機械です。

      例えば昔のVHSビデオテープに貴重な映像が録画されていたり、家族の大事なイベントの際の記録映像が残されているなど、今ならノイズはあっても何とか見られる状態だけれど、これから先には再生機器が使えなくなったり、テープ自体の劣化が進んだりして、もう見られなくなると思われる場合を仮定しましょう。


      そのような昔の映像媒体に録画してあるものを、これからも見られるような媒体に移し替えたいといった時に、この画像安定装置が役に立つのです。



      ただこの画像安定装置はそういった本来の使い方ではない、法律に触れるかも知れない使い方もできることから、多くの映像ファンから注目を浴びている機械でもあります。

      近年では映像機器の進歩が目覚ましいのですが、著作権の関係からコピーという行為に対する対応策が進んでおり、コピーガードという技術が施されたDVDが販売されていたり、デジタル放送を録画したもののコピーの回数が制限されたりしています。

      NAVERまとめのお得情報を用意いたしました。

      そういった映像を自由にコピーしたいと思った場合に、この画像安定装置のノイズをクリアにする機能が役立つのです。

      そういったコピーガードはメーカーサイドの事情で施されるもので、ユーザーとしては邪魔なものであることは否定できません。


      ただ現在の法律では、コピーガードを解除するという行為は違法の恐れがあるので、画像安定装置の使い方には注意することが肝心と言えるのです。